2017年4月24日月曜日

最近のいろいろとGWのお知らせ


今日は車検で午前中から夕方まで不在でした。

来てくれた方、申し訳ございません。

思ったより時間がかかるというか、待ち時間が半端なかったです。


さて88ナックル↓


!!!!!!!サササササササ、サイドポート!!!!!!!


!!!ササササイドポートにリリリリンカート×2!!!
!インパクト絶大!







腰はこんな感じです!

こりゃすげぇことになる!

FULL TUNE

!!





ガスタンクワンオフ↓
今回はこれ!

パネル抜くだけでできてしまうので板金とかいっちゃ変かもですが、
あえて言うなら上部の左右2枚をストレートで抜いてシュリンカーしてワンオフだすwww

一日あれば完成します。



お知らせ

GW前のご依頼はすべてお断りしております。

誠に申し訳ございませんが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

明日も車検ですので午前中から不在です。


本日はピースのYくんが抜き打ちで遊びにいらしたので閉店後ご飯です!





2017年4月19日水曜日

88cubic inches knuckle head

。。。さて。。。

キック抜けで足のじん帯やりました。

あれは強烈でした。

正直
「やっちまった!!」
「ぜってー折れた!」

と思いました。。


しかし休むどころかいつもと同等かそれ以上に作業してます。

さて88ナックル

ホーニングして完了!


ピストン、リング、シリンダーとカムはWPC行きです!

プロジェクトの一つの大きな山を超えました!

これはうれしい!

いつもならここでテンパイたばこですが。。。


テンパイたばこならぬ、テンパイアイコスってかんじです。w



芯もバランスも、各部のクリアランスも、自分の最大限です。


スペックからしても相~当~なはずです。



あとはWPCまちと、あれまちw

ないしょw


しばらく手が離れます。


次行きます!

次!





2017年4月17日月曜日

ハイカムシャフトでハイ

80の.002オーバーピストンボアと4と1/2のストローカーの組み合わせ。
トップエンドはWPCコースです。

いかついピストンですw

なんとこれもう入手不可!

2度と手に入りません。

ボーリングとホーニングは当店にて行ってます。
スラストクランクは脱しましたw
昨日バランシングして、3点程度じゃない、満足するまでやりました。
何度も測定し計算し、間違いないようダミーウエイトつくりました。
芯だしは100の2以内にきっちりおさめw

ボトムエンド(クランク回り)完了ということで、
いつもならここでテンパイたばこかましてるところですが今回は
そうはいかんぞということでした。
萌えましたw
最大リフト11ミリのシフトンカム。

ハイカムは何度も組んできて、ロッカーレシオで足された分
スプリングセット長変更など行ってきて、
自分で言ったらバカかもですがかなり耐性付いてます。

なもんで今回は萌えました。

まずいつも通りケースにごっつんこ。
さらに隣のギアにごっつんこ。
もひとつおまけにタペットブロックにまでごっつんこ。

こここ

。。。これは。。。。

ストローカープレートならぬ、ハイカムプレートが必要。

すごいぞこれ!

たのC!













2017年4月10日月曜日

キャブレター調整と遠方より友きたる!

本日はキャブレター調整!

体から排気ガスのにほひ


ハマっちゃうのか?

と思いながらも夜にはやや完了!

明日仕上げにかかろう。


して本日は、超遠方の友がきた。
しょっちゅう電話で話すので、遠方感ないけどw

実際会うのは何年ぶりだろう。


アポなしで突然来た。

これはうれしい泣


AVCC応援してるよ!


7分45秒から見てください。

すっげ~!

これはやばい!

鳥肌かっこいい!

この動画のこの走っている中のどこかにいるんだ。。。



これほんとビンテージのハーレーなんだよな~。


あ、明後日な!

2017年4月9日日曜日

異議あり!

量販店でシフトンのベアリングとイースタンのクランクピンがセットの如く販売されてます。

2セットほど試しましたが、ピン側をラッピングしないと、絶対焼き付くと思います。
おそらく部品精度が足りてないのはシフトンベアリングの方。
それを電話で問い合わせたんですが、この件でのツッコミの電話は初めてです。

だって。



ピンのサイズは必ず同じで基準。

クランク加工はできて結果的に100の2くらいのクリアランスが取れるならいい。

ではなく、ラッピングは大端部レースで行うべきだと思います。

現代なんですから。

作業サイドから言わせてもらえばもっと部品精度に身を任すというか、依存したいです。


もう一つ、ピニオンベアリングのキー、ジムズ用を頼もうとしたら、

12年から80年と、記載の意味がわかりません。

それも突っ込みました。

ご指摘ありがとうございます。

ですって。


あ~あ

がんばります!


そういえばW&Wのリンカート用ボムサイト、1と1/2

。。。廃盤。。。






ナックルヘッド!

トレット&オズボーントルクモンスター4と1/2と80ボア、オーバー2の組み合わせ!

約88ciのバランスウエイト52
れんかん比減りサイドフォース増えますから、
当然ながらニカメッキシリンダーとピストン
モリブデンショットのシフトンハイカム

左がボンネビルケースでスラストクランクではなくなりました。

ダミーのクランクで芯拾いながらの座面とシリンダー下面の研磨後、
ダミーシリンダーでピストンピンブッシュの90アングルリーミング。
書いたらきりがないのでこんなとこでw



動画は使用しないピストン(イースタンの鋳造)

S&Sピストンはワイセコになり、すべての商品が鍛造。
少ないながらに存在していた鋳造ピストンは廃盤化。
カタログからも消えました。

ストローカーの場合、鋳造という選択肢が一切なくなりました。

イースタンからでてますが、なぜかSTDサイズオンリー。

今回ナックルヘッドはS&S鋳造!









2017年4月1日土曜日

内燃機関のお話

ライバルAくんがご来店。
内燃機のお話。

少し前に僕のブログにて、シリンダー容量以上にはいらない。

絶対入らないと書きました。

本日はシリンダー容積100として、

実際はどうなのかというお話になりました。


まず混合気が100入るというのはやはり絶対ない。

それは誰にきいてもそうだろうと思う。

極超低回転の、アクセル全開という矛盾であれば入るかもしれない。

ピストン上昇時もINバルブ開いていて、引っ張られた慣性から入ろうとする方向はわかるし、圧縮はTDC少し前のほんの一瞬で圧縮工程もはじまってないが、それでもそのほとんどが間に合ってない。
カムのデュレーションにもよるが開き始めから頂点を超えて、
閉め始めの段階では、やっぱり間に合っているとは思えない。
100以上になるという記事も読んだことがあるが、
ない。

ピストン速度と、混合気の慣性の速度を厳密に計算できても、
回転数が一定ではない乗り物のエンジンで、入ってると言い切るのは早計で。。。


回転数やインテークマニ形状から、混合気の慣性と慣性の速度と、デュレーションと、ピストンの速度を想像すると、ピストンの速度には必ず到達しないが、条件がととのったほんの一瞬、
たとえばどこかの回転で入ることもあるかも。。しれないけど、観測ができない以上は
本当に難しい世界で、言い切ってしまっては少し浅い。

それをこれでもかと言わんばかりに主においてチューンドの話になること自体が変で。
どんなに論破ろうとしても論破れない


だいたいこんなこと何年も前にたくさんのチューナーたちが気が付いていて、
結果としてわからないが、持論を入れ込んで組み、
良かれと思うことをするのみなんでしょう。

どうでしょうこんなんで!

書き足りないけどw

シフトンベアリング

この時点で圧入。

。。。。。。